Webデザインの仕事内容

 

最近人気の高い Web デザインの仕事内容について解説していきます 。

Web デザインは企業や個人などのお客様から注文を受けたホームページのサイトのデザインを担当します      

 

お客様が考えていらっしゃるデザインを形にできるよう全体を考えながらデザインを作成します。

1、まず構成とレイアウトを決めます

 

全体の大きさや一番強調したいページなどを考えながらデザインします

 

2、デザインを作る

続いては色合いや配置を考えグラフィックソフトを使いながらアイコンの配置やロゴ色合いを決めていきます。

打ち合わせ段階でお客様とよく打ち合わせしながらやる必要があります

 

3、コーディングを行う

全体像が出来上がったらお客様と打ち合わせしながら GO が出た場合コーディングを行います

実際お客様の意見を十分実現するコミュニケーション能力も必要となってきます

 

Web デザイナーになる資格

Web デザイナーは特別 たくありません

スキルや知識またスクールなどで勉強していれば未経験であっても就職することは可能です

 

もちろん 過去に経験などがあった場合は即戦力として歓迎されます。

 

デザイナーの将来性

 

業界はますます拡大しています

デザイナーの需要はどんどん高まってきており 今からは将来有望な業種と言えるでしょう

デザイナーの平均年収は300万から400万程度ですが技術を覚えまた SEO 対策や集客技術を持ったデザイナーはどんどんスキルアップして練習もどんどん増えることでしょう

 

デザイナーといってもたくさんの種類がありあなたがやりたいことを明確にして スクールに通うまた自分のやりたいことをできる企業に就職する

自分がどんどんスキルアップ していくことで将来高収入が期待できるでしょう

オンラインでWEBデザインを勉強できるWEBCAMP ONLINE(ウェブキャンプオンライン) はおすすめです。

 

Web デザイナーの国家資格

ウェブデザイン技能検定って?

 

未経験から Web デザイナーになりたい方はウェブデザイン技能検定の取得というのも一つの手です。

ウェブデザイン技能検定の試験対策メリット試験内容などを調べました。

 

ウェブデザイン技能検定とはインターネットスキル認定普及協会(特定非営利活動法人)によって実施している試験です。

ウェブデザイン技能検定に合格するとウェブデザイン技能士になれます。

Web 業界唯一の国家資格です。

 

試験は1級から3 級まであります。3級は受験資格はないので誰でも受験できますが、2級を受けるためには3級合格が必要ですし、1級を受けるためには2級合格していることが必要です。

 

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定を受験した方がいいことといえば未経験から Web デザインの会社に就職や転職する時に未経験であっても Web デザイナーとしてのスキルを持っていることをアピールできるからです。

 

受験する場合に勉強はどのような勉強がいいのか

ウェブデザイン技能検定は、 Web デザイン技術、インターネット概論、 World Wide Web 法務、 Web サイト構築等運用に関する実施試験から構成されます。

 

実技試験会場でブラウザとテキストエディタ、ドリームウェーバー、 Adobe Photoshop フラッシュ、 PHP、 アパッチ などが使いこなせるようにしておいた方がいいでしょう。

 

独学で試験対策をしても良いのですが分からないところが出てきた場合に質問しないと先に進めなくなることがあるのでスクールなどに通うことが近道となります。

スクールなどでは最新情報だけではなく必要なところを重点的にやることも可能ですし3ヶ月半年一ヶ月などの期間で学習するためのカリキュラムを事前に作成してくれているので、勉強を進めるスピードが効率よく進めることができます。

またスクールの場合は同じ目標を持った受講生などが集まっているので相談したりモチベーションアップまた就職の時の他社の情報などことが聞くことができるのでおすすめです。

オンラインでWEBデザインを勉強できるWEBCAMP ONLINE(ウェブキャンプオンライン) はおすすめです。