2020年から小学校でプログラミング教育が必須になります

文部科学省が2020年から 小学校でのプログラミング教育の必修化を検討すると発表しました

日本でプログラミング教育の必修化を検討するという背景には Web 関係のエンジニアなど it 関係の人材が足りていないという現状があります
調査結果によると2020年に36万人2030年には78万人の it 関係の人材が足りなくなると予想されているそうです 
今後も Web 関係のビジネスインターネット関係のビジネスはどんどん増えていくと考えられていますので IT の 会社もどんどん増えると考えられています
これは海外でも問題視されている問題で Web 関係 人材を増やそうと考えられています
現在では中学校の技術家庭科でプログラミングによる制御や計測の科目が必修になりました
2013年には政府の成長戦略にプログラミングに関する教育の項目が明記されていました
成長戦略の中にプログラム 関する教育の項目が入ったのには第6回産業競争力会議手の資料の中が影響しているのではないかと言われています
プログラミングの海外の教育事情

海外では学校でプログラミングを教える国もあります
アメリカではオバマ大統領がプログラミングを教育するのが必要であると訴えた動画が あったり Facebook のマークザッカーバーグが意見したことでも注目されました
エストニアでは プログラミングに力を入れています
ヨーロッパの国で人口が130万人という国ですが小学校1年から 教育すると発表しています
エストニアは Skype ができた国ということでも有名ですが国民の70%はインターネットバンキングを利用するような国民の中で IT が浸透している国でもあります
イギリスは子供たちの前に先生プログラミングを教えようという働きがあります
イギリス政府が約8500万円50万ポンドを国家が出し教師へのプログラミング教育が始まるそうです
フィンランドでは2016年からプログラミング教育が小学校で必修科目になりました
国家がインターネットに接続する権利を国民に保障するというような it にかなり力を入れている国家です

さて日本ではプログラミング教育の人材確保はどのような考えを持っているのでしょうか
まず2010年代に一人一台の情報端末を使って教育をするという方針を推進していた教育関係ですが it 教育などのプログラミング教育を推進すると発表しています
人材のスキルアップと人材確保への取り組み
人材スキルの標準化ということが掲げられていますが2015年に it 人材の就職先として公共機関が募集するとの計画もあるようです
成長戦略に Web 関係プログラミング教育が組み込まれた理由は楽天の三木谷が作成した資料が成長戦略を作成する時に使われたと言われています
it エンジニアの量を増やすまたエンジニアの質を上げるなどの問題として it 技術者が少ないということを記入されています
そういう現状を踏まえ義務教育の段階でプログラミング教育や it の関係 教育を行った方が良いのではないかと言う提案がされていました
具体的には情報に関する技術これは中学校の技術家庭科の中で行うような子供達がプログラム言語を使ってプログラミングの全体像や興味を侵すような取り組みを各学校で行うような提案がされています

これからプログラミングが学校教育の中に入ってくるのであればその前にゲーム感覚で楽しみながらプログラミングが学べるスクールなどで興味を沸かすことも必要なのではないでしょうか【小中学生向け】D-SCHOOLオンライン講座も良いです。

 

オンラインでwebデザインの勉強をするのはウェブキャンプオンラインがおすすめです。